段取り八分

4月28日の本日、「TCF親子ブルベ」を開催した。自立したサイクリストとして決められたコントロールポイントを時間内に通過し、サインをブルベカードにもらい、完走して認定を受けるのがブルベ。BRMは最低200km走るものだが、親子ブルベはとくに春は入門イベントと位置づけているからわずか42kmほど。午前8時30分スタートだが、運営側としては午前3時からコースチェックしつつ迷いやすい所に「→」看板を設置してまわる段取りがある。夜明け前5時30分くらいの冷え込みは厳しくて、川面からモヤが沸き立つほど。でも、どんなイベントもレースも、しっかり段取りしておけば、始る前にそのレースやイベントは八分通り成功している。今日は天気に恵まれたので大成功!

親子ブルベ、雨天順延の判断

イベント主催者として悩ましいのが、当日の天気。天気さえ良ければ、入念に段取りしておいたイベントは80%以上成功といえる。
しかし、<4月7日(日曜)に予定した「TCF春の親子ブルベ」は、悪天候が予測されるため中止とし、改めて4月28日(日曜)に開催します>と2日前に東京都自転車競技連盟ホームページ(www.tokyo-cf.jp)に掲載した。
今、6日朝の時点で東京の空からポツポツと雨が降り出した。チャレンジロードも中止になった。

こうした雨天順延の判断には昨年、2回も悩みに悩んだ。埼玉の森林公園でやった「ジュニアレーシングスクール」は雨でも座学だけやって実技は中止。計測業者さんには3日前に中止を伝えて、僅かだが手付金だけ支払った。
計測業者は事前に参加者リストに則り計測チップに個別情報を入力したりアルバイト手配をしたりと、手間をかけられていたので申し訳なかった。

「オトナのためのロードレーサー旧車ミーティング」は前日になり土曜開催を翌日の日曜にドタ変更で、一部の参加者にお叱りを受けた。

でもまあ、「今日は楽しかった。また参加します」と最後に喜ばれる声が励み。
というわけで、僕が近々にかかわる2つのイベント紹介します。ぜひ、参加してください。

●「春のTCF親子ブルベ再募集」
開催日:4月28日(日曜) 開催地:埼玉県・秋ケ瀬公園の羽根倉橋寄り駐車場(スタート&フィニッシュ) 集合時間:午前8時 総距離:42.9km 定員:親子25組 参加費:500円(1人)

小学校低学年でも走れる初級編。平坦路でほとんど荒川サイクリングロード利用なので安全に走れます。今回も秋が瀬公園スタート&フィニッシュ。折り返し点は「旧陸軍桶川飛行学校」。ルートラボ「2013春TCF親子ブルベ」参照。
詳細は東京都自転車競技連盟ホームページ参照 www.tokyo-cf.jp/

●「L’英雄」
イタリアのヴィンテージ自転車イベント「L’Eroica(エロイカ)」オフィシャル姉妹イベントです。富士山の麓、河口湖の古民家集落(民宿あり)がメインステージ。前日の土曜に前夜祭があり、僕が第二次大戦直後の東京−大阪ロードレースについて映像とトークで語ります。イタリアから30人が来日、あなたもぜひ前夜から。
1987年以前製造【エロイカクラス】のほか、クロモリフレーム限定の【ニューヴィンテージクラス】でも参加可能。
開催日:5月19日(日) 開催地:富士河口湖町根場地区 大会エントリー 10,000円(傷害保険含む)前夜祭参加費(オプショナル)5,000円 ※フード・ドリンク付

http://www.eroicafan.jp/

申し込みはスポーツエントリー