沖縄から2選手がリオ五輪ロードに参加

RIO GENERALブラジルのリオデジャネイロで開催されるオリンピック、ロードレースに、沖縄出身の新城幸也(ランプレ・メリダ)と内間康平(ブリヂストンアンカーサイクリングチーム)の2人が日本代表選手として参加することになった。

3月17日の記者会見に登場したユキヤ(新城)は、34日前のレースで大腿骨骨折のために杖をついていた。怪我の具合を質問されて、「あとオリンピックまで140日、その前にあるツール・ド・フランスは走る予定なので、リオには問題ない」と返答。オリンピック初参加の内間は、「ユキヤさんのアシストに全力を尽くす」とコメント。

ユキヤと内間はこれまでも、ナショナルチーム遠征ではよくホテルが同室になり、「ストレスなく、いいコミュニケーションができる仲」と内間。「ボクがもしも落車したら後は内間クンに頼むことに」と笑いながらユキヤ。同郷の二人の相性はいいようだ。

リオの男子ロードコースは、距離256km、最大勾配13%の山場と、上り下りを繰り返す。昨年8月のプレ大会を走ったユキヤは、「石畳で転ぶ選手が多かった」という。UCIワールドツアーで石畳コースを走り慣れているユキヤだが、慎重に走ってほしいものだ。下りのテクニカルな所も多い。「そこはボクが得意」と内間。

RIOオリンピックのロードは1カ国最大5人が出走できる。日本は2人での出走となるが、ユキヤは、「二人が一緒に走れれば心強い。勝負所まで脚を残し、勝負の綾にうまく乗りたい」と語った。